日本酒専門店 さくら酒店

さくら酒店TOPページ
Blog日本酒王子のマリアージュ
株式会社さくら酒店 : 岐阜県大垣市開発町3-183TEL/FAX:0584-74-7812
ヤフーショッピング さくら酒店オンラインショッピング アマゾン さくら酒店オンラインショッピング
蔵元紹介

  • 清水清三郎商店株式会社(三重県鈴鹿市)

    清水清三郎商店株式会社(三重県鈴鹿市)


    「作」醸造元
    国内外のコンテストで受賞ラッシュ!今最も勢いに乗る安定感抜群の酒蔵です。
    創業は1869年。鈴鹿山脈の清冽な伏流水と伊勢平野の良質な米に恵まれた鈴鹿の地は古くから醸造業が栄えましたが、その多くは廃業に追い込まれ、現在では当蔵が鈴鹿で唯一の酒蔵となってしまいました。
    原料米には地元契約農家が栽培する三重県産米を中心に使用し、小規模仕込みで醸す四季醸造蔵。現代の多彩な食卓に合う酒を追求し、食との調和をスムーズに演出する軽やかな酒質を目指しています。サッカー元日本代表の中田英寿さんもその味に惚れ、蔵を訪問しました。

    詳しくはこちら

  • 寒紅梅酒造株式会社(三重県津市)

    寒紅梅酒造株式会社(三重県津市)


    「寒紅梅」醸造元
    安政元年(1854年)創業。蔵は旅人と伊勢神宮を結ぶ伊勢別街道沿い(三重県津市)に位置します。家族の手造りから生まれる寒紅梅は、その名の通り梅酒が主力商品。現蔵元の増田氏本人もあまり自社の日本酒を飲むことはなかったと言います。それが2010年、多くの酒蔵から先生と慕われる「東一」蔵元の醸造責任者・勝木慶一郎氏の技術指導を受けたことで、寒紅梅の日本酒が一気に開花しました。世界最大規模の日本酒の審査会「Sake Competition」では毎年上位に名を連ね、2016年3月にはJAL国際線ファーストクラス・ラウンジ(成田・羽田)に「寒紅梅 純米大吟醸 朝日」がオンメニューされました。寒紅梅の快進撃が続きます。

    詳しくはこちら

  • 合名会社森喜酒造場(三重県伊賀市)

    合名会社森喜酒造場(三重県伊賀市)


    「るみ子の酒」醸造元
    酒蔵の娘に生まれた森喜るみ子さんは幼いころより酒造りを見て育ちました。蔵を継ぐ決意をして英樹さんとご結婚され、戦後初めて純米酒のみを醸す蔵となった神亀酒造から酒造りの指導を受けました。「るみ子の酒」(平成3酒造年度より)は、漫画「夏子の酒」に感銘を受けたるみ子さんが作者の尾瀬あきらさんに手紙を送ったことで生まれたお酒です(ラベルデザインも尾瀬あきらさんのご厚意によるもの)。年間の生産量は一升瓶換算でわずか2万本という小さな蔵で、近代設備はほとんど持たず、一本一本を昔ながらの手造りで醸してます。地元契約農家と共に自営田で無農薬無肥料の山田錦を育てていることも特筆すべきところ。常温からお燗にして美味しい、芯のしっかりと通った酒造りを目指しています。

    詳しくはこちら

  • 株式会社タカハシ酒造(三重県四日市市)

    株式会社タカハシ酒造(三重県四日市市)


    「天遊琳」醸造元
    創業1862年、「食事の邪魔をしないお酒」ではなく、「食事をより美味しくするお酒」を目指す伊勢の純米蔵。伊勢神宮に奉納する御神酒(おみき)を70年以上にも渡って造り続けてきた酒蔵でもあります。蔵元兼杜氏の高橋氏は京都大学出身。緻密な計算と大胆な仕込みによって生み出される「天遊琳」は、複雑味と透明感が折り重なった個性ある食中酒。「夏子の酒」で知られる漫画家・尾瀬あきら氏の人気日本酒漫画「蔵人~クロード~」や、テレビ番組「SMAP×SMAP」内のビストロスマップ、その他多数のグルメ雑誌で紹介されるなど、多方面でその人気が窺えます。

    詳しくはこちら

  • 株式会社大倉本家(奈良県香芝市)

    株式会社大倉本家(奈良県香芝市)


    「大倉」醸造元
    創業1896年(明治29年)、現蔵元で4代目となる大倉本家は、昭和7年ごろから神社庁への御神酒(おみき)造りを任されることにもなった由緒ある蔵元。蔵が建つ香芝市は、奈良の西北端にあたり、大阪からもほど近い場所で、古くは遣隋使が使った道があるなど、奈良と大阪を結ぶ要所です。最盛期は6000石の生産高を誇っていましたが、諸々の事情により平成12年から14年の3年間休造したのち、4代目の大倉隆彦氏が酒造り再開にこぎつけて、以前は地元専門店のPBであった「大倉」をメーカーブランドへ。また、27酒造年度より、「悦凱陣」、「相模灘」、「世界一統」醸造元で技術を磨いた米澤弘次氏を杜氏として迎え入れ、新ブランドである「彩葉(いろは)」を立ち上げて、新しいスタートを切りました。山廃造りで培った個性の強い濃厚な酒造りをベースに、食事に合わせる繊細さも今後追求していく蔵元です。

    詳しくはこちら

  • 若林酒造株式会社(島根県大田市)

    若林酒造株式会社(島根県大田市)


    「開春」醸造元
    世界遺産・石見銀山のふもと、温泉津温泉郷のほとりに立つ酒蔵。3児の父でもあるイクメン杜氏の山口竜馬氏は、酒造りも子育て同様、自然に育つのを手助けするという考え方。データに頼り過ぎず、「こんなお酒になってね」という想いで醸す結果、のびのびとしたワイルドな酒が出来上がります。酒単体で完成形を目指すのではなく、料理と合わせて最大のパフォーマンスを発揮できるよう、酒の部分にはあえて余白を残すことを心掛けています。その姿勢はラベル右上の三日月にも表れており、「三日月のようにどこか欠けている酒でありたい」という蔵の想いを汲み取ることができます。

    詳しくはこちら