日本酒専門店 さくら酒店

さくら酒店TOPページ
Blog日本酒王子のマリアージュ
株式会社さくら酒店 : 岐阜県大垣市開発町3-183TEL/FAX:0584-74-7812
ヤフーショッピング さくら酒店オンラインショッピング アマゾン さくら酒店オンラインショッピング
蔵元紹介

  • 株式会社新澤醸造店(宮城県大崎市)

    株式会社新澤醸造店(宮城県大崎市)


    「伯楽星」醸造元
    創業1873年。「究極の食中酒」をテーマに、食を引き立てる名脇役を目指す蔵元です。五代目の新澤巖夫氏は、大学在学中より数々のきき酒大会で優勝するなど卓越した味覚の持ち主で、宮城県初の自社杜氏、また当時の宮城県最年少杜氏として廃業に傾いていた蔵を再建させました。2011年の東日本大震災で蔵は全壊しましたが、新澤氏の不撓不屈の精神と彼を慕う大勢のボランティアの助けにより、同年中に見事復活を遂げました。

    詳しくはこちら

  • 仙台伊澤家勝山酒造株式会社(宮城県仙台市)

    仙台伊澤家勝山酒造株式会社(宮城県仙台市)


    「勝山」・「戦勝政宗」醸造元
    創業は何と1688年! 仙台藩伊達家御用蔵として現存する唯一の酒蔵です。日本酒の醸造のみならず、伊達家800年の歴史と伝統、そして伊達之心意気を次世代に繋ぐことをその使命としています。蔵は仙台泉ヶ岳の山麓に位置し、里山ののどかな田園風景の中にあります。泉ヶ丘山系の地下水は勝山の酒質に適した硬度35度の軟水で、美人成分・天然シリカを多く含む柔らかく綺麗な水質。その水は小川を通って田んぼに流れ込み、勝山の原料となる酒米を育てます。こうした日本の原風景とも言うべき最高のテロワール(酒造りを取り巻く自然環境)が最高の酒質を育んでいます。

    詳しくはこちら

  • 高嶋酒造株式会社(静岡県沼津市)

    高嶋酒造株式会社(静岡県沼津市)


    「白隠正宗」醸造元
    静岡県沼津市は富士山の麓にて文化元年(1804年)に創業。200年近く地中を流れてきた霊峰富士の雪解け水を仕込水に、「まろやかでありつつキレのいい辛口」を醸す蔵元。昭和53年生まれの現蔵元杜氏の高嶋一孝氏は普通酒と言われる大量生産の製造をいち早くやめ、さらには人工のアルコールである醸造用アルコールの添加も24年度に全廃。瓶詰めした状態で加熱殺菌処理をする機械(自動瓶燗器:パストライザー)を導入するなど、酒質の向上を常に目指しています。吟醸王国・静岡にあって、ひときわ異彩を放つ新進気鋭の蔵元です。

    詳しくはこちら

  • 御代桜醸造株式会社(岐阜県美濃加茂市)

    御代桜醸造株式会社(岐阜県美濃加茂市)


    「津島屋」・「御代櫻」醸造元
    29歳の若さで蔵を継いだ昭和51年生まれの6代目社長・渡邉博栄氏と、25歳で杜氏に抜擢された昭和50年生まれの酒向(さこう)博昭氏が、2012年に立ち上げた限定銘柄「津島屋」で人気急上昇中の蔵。その注目度の高さにスター性を感じます。
    創業は明治26年。日本人の心という意味を持つ「御代櫻」の醸造元として120年以上の歴史を有し、先代社長は元美濃加茂市長としても活躍されました。清らかな流れで「日本ライン」の別名を持つ木曽川の伏流水と、希少な契約栽培米を使って少量のみ醸す「津島屋」は、日本酒の限りない可能性への挑戦と、酒が結ぶ御縁への感謝の気持ちを表しています。

    詳しくはこちら

  • 冨田酒造有限会社(滋賀県長浜市)

    冨田酒造有限会社(滋賀県長浜市)


    「七本鎗」醸造元
    創業が天文年間(460年以上前)という、全国でも屈指の古い歴史を有する酒蔵です。琵琶湖の最北端・賤ヶ岳山麓の北国街道沿いにて、昔ながらの酒造りを今に伝えるべく、現15代目(浅野忠信似のイケメン杜氏)が酒を醸します。戦国の野武士を思わせる骨太の酒が特長で、米の旨味をこれほど見事に引き出せる蔵はなかなかありません。酒蔵は江戸期に建てた蔵を現在も使用しており、日本酒だけを伝承するのではなく、それを取り巻く環境ごと可能な範囲で残していきたいと考える蔵元です。大正初期には湖北地域に逗留していた若き北大路魯山人氏と交流があり、蔵には氏から贈られた扁額(「七本鎗」の文字)が掲げられています。(ラベルの一部にもこの文字を使用しています。)

    詳しくはこちら

  • 清水清三郎商店株式会社(三重県鈴鹿市)

    清水清三郎商店株式会社(三重県鈴鹿市)


    「作」醸造元
    国内外のコンテストで受賞ラッシュ!今最も勢いに乗る安定感抜群の酒蔵です。
    創業は1869年。鈴鹿山脈の清冽な伏流水と伊勢平野の良質な米に恵まれた鈴鹿の地は古くから醸造業が栄えましたが、その多くは廃業に追い込まれ、現在では当蔵が鈴鹿で唯一の酒蔵となってしまいました。
    原料米には地元契約農家が栽培する三重県産米を中心に使用し、小規模仕込みで醸す四季醸造蔵。現代の多彩な食卓に合う酒を追求し、食との調和をスムーズに演出する軽やかな酒質を目指しています。サッカー元日本代表の中田英寿さんもその味に惚れ、蔵を訪問しました。

    詳しくはこちら