日本酒専門店 さくら酒店

さくら酒店TOPページ
Blog日本酒王子のマリアージュ
株式会社さくら酒店 本社 : 岐阜県大垣市開発町3-183 TEL/FAX:0584-74-7812
ヤフーショッピング さくら酒店オンラインショッピング アマゾン さくら酒店オンラインショッピング
ブログ

出会いと別れ@第13回 賛否両論酒会

2017-09-26 09:01:26

9月23日は秋分の日でした。
決して動かすことのできない祝日。
天文学的にほぼ昼と夜の長さが同じになる日。


みなさん、お彼岸というのもご存じでしょうか?
「彼方の岸辺」と読み解くと
三途の川のこちらがわとあちらがわと連想できますね。

一年の中で2回(もう一つは春分の日前後)
こちらがわとあちらがわが一番近くなり
あの世とこの世が繋がりやすい期間。

その真ん中にあるのが
春分の日と秋分の日です。

そんな大きな意味のある日
2017年の秋分の日に
13回目となる賛否両論酒会を行いました。



実はこの日
賛否両論 名古屋さんで3年半勤められ
第一回目の賛否両論酒会からずっと
就き切りで私のお酒の会のサービスの担当をしてくださっていた
ゆうきさんの卒業の日だったのです。


花束に
メッセージを添えて



雨の日にはつくることのできない
特別なマカロンとともに







お客様がしてほしいことを
すぐに氣付かれて先に行動されるところは
正にサービスマンとしての鑑とすら言えました。

また、細やかなお心遣いとして
毎回、必ず
さくら酒店のロゴマークを模した折り紙を折ってくださいました。

今回は
「最後ということもあって、これまでの感謝の氣持ちを込めて
もう二つ作りました。」
「『感謝』の花言葉を持つダリアと
お酒ができたことに『感謝』を表す杉玉です」

「新酒ができてすぐは青々とした杉玉ですが
今回は13回目ということで時間を重ねた感謝の意味もあって
茶色の杉玉にしました。」


こんなスタッフさんがいらっしゃった賛否両論さんは
ほんとうに素晴らしいです。
ゆうきさんが卒業されても
志の高い素晴らしい方があとを継がれて
ますます素敵なお店になられるのは言うまでもないと
改めて感じました。



店舗を統括されている料理長の丹下さん。

本当にいつもありがとうございます。

遊び心と新しいアイディア
お客様にお喜びいただけるように
一緒にいつも挑戦しています。

【ご飯もの】


「今回のメインはこれじゃないですかね?」

通常の献立のときにはしないような方法を用いて
特別に炊いていただいた〆のご飯もの。

これにもお酒を合わせました。

【先付】


合わせたお酒たちは
先ほどのカードにも書いていましたが
この7種類



前もって献立を決めたうえで頭でまずは組み立て
そのお酒を持ち込んで前もって同じ料理と合わせてみる。
そこで微調整を加えたり
時には大きく銘柄や出し方を変えたりして
本番を迎えています。

【揚物】


合わせたのは日輪田でした。

「この組み合わせは本当に完璧だね」

【椀物】


松茸を普段よりもたくさん入れてもらいました。


【造り】


「こんなふうに造り醤油だけじゃなくて
いろいろと面白い醤油を作って出すところはほかに知らない」

そんなお声を聴くと
嬉しくなりますね、丹下さん!


【八寸】


この一品一品すべてに合うお酒というのはなかなかないですが
究極の食中酒『伯楽星 秋津地区特上山田錦29%』を。

「ワインでペアリングというのは良くあることだけど
日本酒でここまでピタっと合わせるような会は初めて」


【焼物】


幽庵地と合わせて香ばしい『竹雀 山廃純米ひやおろし』を。

日本酒が大好きな紳士からは
「このお酒が一番好きだな」


【蒸し物】


お燗酒にした『六十餘洲 純米』を。

何十年も名古屋の飲食業界をひっぱってこられているある方から
恐れ多いお言葉をいただきました。

「近藤君は業界の宝だな。」

そのご期待に添えるよう
これからも素直に、まっすぐに
日本酒を通して
文化を
価値を
発信してまいります。




伝える側と受け取る側の

料理人とサービスマンの

日本酒の造り手と酒屋の

酒屋と飲食店の

そして

関わるすべてのかたたちの


距離が近づいた
秋分の日の酒宴。


ご参加くださいましたみなさま
ありがとうございます。



14回目はまた
新しい出逢いが待っています。