日本酒専門店 さくら酒店

さくら酒店TOPページ
Blog日本酒王子のマリアージュ
株式会社さくら酒店 本社 : 岐阜県大垣市開発町3-183 TEL/FAX:0584-74-7812
ヤフーショッピング さくら酒店オンラインショッピング アマゾン さくら酒店オンラインショッピング
ブログ

夏酒ってすっきりしてる?@第12回 賛否両論酒会

2017-07-11 11:02:37

7月9日(日)に行いました
12回目となる賛否両論 名古屋さんでのお酒の会。


実は、お越しくださった方にはお見せしましたが
私、当日のお昼頃に左足の親指を骨折しまして
座ったままで大変ご迷惑をおかけいたしました。



動けないということを言い訳にしたくないので、
その分いつもよりも語りを充実させよう!ということで
みなさんに
お酒の事はもちろん
飲み方のこと
相性のこと
ラベルのこと
夏酒のこと
などなど
たくさん話をさせてもらいました。

動かないままだったので
いつもサービスのお手伝いをしてくださっている
スタッフのゆうきさんには
今回はすべてお任せすることになりました。

本当に、ありがとうございました。



さくら酒店のロゴを入れた手ぬぐいを使ってもらいました。


今回は7月開催ということで
夏酒を中心にラインナップ↓



左から ①福岡県三井郡
「三井の寿 チカーラ 夏にごり 生」

②長野県上伊那郡
「今錦 真夏のたま子 特別純米 生」

③長崎県東彼杵郡
「六十餘洲 純米 山田錦」

④宮城県大崎市
「伯楽星 純米吟醸」

⑤三重県鈴鹿市
「鈴鹿川 大吟醸 金賞受賞酒」

⑥宮城県栗原市
「日輪田 山廃純米 ひまわり」



【先付】


とうもろこしの甘みを引き立てるように
①の三井の寿の鋭さやドライな味わいを合わせました。

チカーラとは、イタリア語で蝉という意味でして
限定のにごり酒の生のバージョンで。

これが実は甘くないんですよ。
濁っていると甘口、
と思われる方も多い中、

「これ、びっくりした!甘くないんだね?」

というお客様のお声もあったように

かなりドライでシャープな辛口酒。
味わいの芯もしっかりとある夏酒でした。

【揚物】


鮎なんですが、
てんぷら粉を日本酒で作ったらどうなるだろう? ということで、②の今錦を使って。

ほんのり香る、酒衣となりましたよ。

ほのかに酒の香りを纏って鮎の身の甘さを引き立てつつ、
ほくほく感をずばっと切る酒の鋭さ。
すだちともよく同調しています。

また、生姜の辛さ、鋭さを包み込んで
後引く甘さや、余韻を演出しました。

真夏のたま子さんも
力強い旨みがあるタイプの夏酒。


【椀物】


このつくねの旨みが出汁にも広がり
舞茸の香ばしさとも
③六十餘洲は共通する香りがいいですね。

熱めのお燗酒でご提供しました。

「夏で暑い時に飲むお燗酒もいいね!」

「お燗酒ってどうしてもオヤジくさくて苦手だったけど
本当は美味しいんですね」

という嬉しいお声も。

お酒単独で飲むときには感じない、
酒の酸味と後味の鋭さを感じさせて、
柔らかく優しいお椀の輪郭をはっきり形作る
という構図でした。


【造り】


炙った3種類をそれぞれの薬味で。

やはり炙った香ばしさや
昆布の旨み
酢の酸味
全てを下支えして
魚の旨みを膨らませてくれたのは
④伯楽星

「究極の食中酒」と言われるのも頷けます。
実は夏場と冬場で
同じラベルでも味わいが変わるんです。
夏場は甘みをさらに抑えた
超キリっとすっきりとしたドライな味わいで。


【八寸】


どれも丁寧な仕事がしてあるなかでも
特にこの手前のトマト。
これがとっても面白かったですね。

キーポイントは「酸味」

もずく酢もそうですが
酒のトロミと甘みを酸とぶつけた
アタック&ゴー型のマリアージュに仕上がりました。

酒は全国新酒鑑評会で28年度金賞を受賞した
⑤鈴鹿川。
「作」を醸す蔵元の地元産山田錦を使った逸品です。


【焼物】


イサキの脂と
その香ばしい皮目
幽庵地の旨みを
がっちり受け止めつつ
後味はキュっと引き締めてくれたのが
⑥日輪田

これも夏酒ですが
ボリュームがしっかりとあって
旨みが強いガツン系。


【蒸し物】


茶碗蒸しに合わせて
②真夏のたま子さんを今度はお燗酒で。

生酒で
夏酒だけど
冷酒じゃなきゃダメということはなくて
むしろ
お燗酒の方がたま子さんの味わいを広げてくれて
この茶碗蒸しにはばっちりでした。

揚物で冷酒の真夏のたま子をご提供した時に
すでにお燗酒でも欲しいとリクエストがあったんです。

変に考えて飲むんではなくて
感じるままに
好きなままに
試されるとまた組み合わせの幅が
広がっていきます!



デザートとともに
夏の火照りを冷ましながら


次回開催は
9月を予定しています。

今度は
どんな挑戦をしましょうね。

こうご期待ください!